第4章 リムサリアの封印


 

第4章
「リムサリアの封印」




オープニング



ルークス
「サラの具合いはどうですか?」


アックス
「今はよく寝ている。」



イコリナおばさん
「なあに、すぐに良くなるよ。」

ルークス
「すみません。」


イコリナおばさん
「気にすることないよ、困ったときはお互い様さ。」
「アックスとは昔からの仲なのさ。」
「私はサラ嬢ちゃんについているから、何かあったらいつでも呼んでおくれ。」

ルークス
「アランのやつ・・・・・。」


アックス
「奴らは全ての準備が整ったみたいだ。」
「このままでは、魔帝が復活してしまう。」
「阻止するなら、今が最後のチャンスかもしれん。」

ルークス
「行きましょう、アックス!!」


アックス
「命を落とすことになるかもしれんぞ!それでもいいのか?」

ルークス
「覚悟の上です。」
「奴らだけはどんな事があっても許せない!」


アックス
「蛙の子は蛙か・・・・・。」
「奴らは多分、リムロスの塔にいる。」

ルークス
「リムロスの塔か・・・・・。」




エルフの村



ルークス
「サラは大丈夫ですか?」


イコリナおばさん
「安心おし、私が付いているから。」

ルークス
「すみません、よろしくお願いします。」




リムロスの塔



「ぐえっぐえっぐえっぐえっ。」
「貴様らは、ここで死ぬのだ。」

ルークス
「なに!だれだ!!」



ダラム
「ぐえっぐえっ。」
「ガルネールには、魔界から我を呼んだお礼をしなくてはな。」




COMBAT

魔界の使者ダラム×1




土の精霊を手にいれた。




ルークス
「だめだ!開かない。」

アックス
「しかたない。」
「いったん村に戻るか。」
「何か別な方法があるかもしれんしな。」




エルフの村


 


ルークス
「サラ!大丈夫なのか?」


サラ
「もう平気です。」

アックス
「しかしだな・・・・・。」


サラ
「私も一緒にいきます。」

ルークス
「・・・・・。」

アックス
「その体ではまだ・・・。」


イコリナおばさん
「連れて行ってやんなよ、行きたいって言ってるんだから。」
「ルークスがそばで守っててやれば大丈夫だろう?」

ルークス
「・・・行こう、サラ。」

アックス
「うーむ、しょうがない。」


イコリナおばさん
「気を付けていきなよ。」






イコリナおばさん
「気をつけて行くんだよ。」


リムロスの塔


ルークス
「だめだ。やっぱり開かない。」

サラ
「私、ここの開け方を知っています。」

ルークス
「え!なんだって!!」

サラ
「リムロスの塔の奥に入るには、王家の血が必要だと聞いたことがあります。」



サラ
「こうするのです。」

「うっ!」


「これで通れるわ。」


ルークス
「サラ、手から血が・・・・・。」


サラ
「大丈夫、行きましょう。」






「残念だな、貴様らが手にしたのは土の精霊ではない。」



 



ダラム
「ぐえっぐえっぐえっぐえっ
我らは不死身じゃ。」



 
COMBAT

魔界の使者ダラム×1
魔界の使者バラム×1



土の精霊を手にいれた。




祭壇


サラ
「待って、扉があるわ。」


ルークス
「中に入れるかな?」

アックス
「気をつけろ!ワナがあるかもしれんぞ!」

ルークス
「ワナならこっちから飛び込んでやるさ!」





ルークス
「アラン!!」


アラン
「あきれた奴だな。」
「こんな所まで・・・・・。」

ルークス
「水晶の剣、魔力の玉を渡してもらおうか。」


アラン
「ふっ、もう遅い。」
「復活の準備はとっくに始まっている。」

ルークス
「しかし精霊の剣がないはず!」


アラン
「ティーファがちゃんと用意してくれたわ。」

ルークス
「なにっ!!」

サラ
「ティーファ!!」
「姉さんはどこにいるの!」

ルークス
「え!じゃあ、もう一人の姫というのはティーファだったのか!」


アラン
「今頃祭壇で魔帝復活に手を貸しているはずだ。」

アックス
「なるほど。」
「ティーファの血を・・・レクスファート王家の血を使ったんじゃな。」


アラン
「そのとうり。」
「魔帝復活には重要な鍵だからな。」

ルークス
「アラン・・・・・、俺は貴様が許せない。」


アラン
「そうか・・・・・。」
「ならば、どうするのだ。」

ルークス
「・・・・・。」
「アックス、サラ、ここは一人でやらせてくれ。」

アックス
「わかった。」


アラン
「さあ来い!ルークス!!」


COMBAT

アラン×1





アラン
「なぜ・・・・・、とどめを刺さない。」

ルークス
「・・・・・。」

アラン
「ガルネールには・・・気を付けろ・・・・・。」
「奴の目的は、理想社会を築こうとしているのでも世界征服でもない・・・。」
「奴の目的は・・・・・。」

ガルネール
「アラン、おしゃべりはそこまでだ。」



ガルネールは天地爆裂を唱えた。

アランは207のダメージを受けた

アランは死んでしまった。

ルークス
「アラン!」
「アラーン!」





ガルネール
「アラン、貴様が裏切ろうとしていたのはお見通しだ。」
「貴様もおぬしの父同様捨てゴマにすぎんわ!」

ルークス
「きさまが・・・・・、きさまが、ガルネールか!」


ガルネール
「ほう、ザハンの息子か。」
「貴様もザハンのようにわしの邪魔をする気か?」
「おまえもザハン同様、いずれこの手で始末してやろう。」
「このアランのようにボロきれのようにな。」
「うぁはははっ。」

ルークス
「親父が・・・?」
「親父はきさまに・・・?!」


ガルネール
「ほう、どう聞かされたか知らないが、貴様の両親は、この手で捻り殺してやったわ!」

ガルネール
「またいずれ会おう、ルークス!!」
「それまで生きていられればな。」
「うぁはははっ。」

ルークス
「・・・・・。」
「ガルネールの野郎!!」

サラ
「ルークス!!」
「どこへ行くの!!」




アーウィンとの再会




アーウィン
「目的は、同じみたいだな。」

ルークス
「なぜ貴方がここに?」


アーウィン
「手を貸すぜ!」



アーウィンが仲間になった。




 



ガルネール
「まだ生きておったか、ルークス!」
「ほおっ、そこにいるのはいつぞやのエルフの剣士ではないか。」

アーウィン
「ティーファ姫!」

ルークス
「ティーファを知っているのか!」

アーウィン
「ティーファ!」


ティーファ
「・・・・・。」


ガルネール
「うぁはははっ。」
「ティーファはお前の事など知らないそうだ。」
「こんな女、もう必要ないわ!」
「ほら、返すぞ!」
「せいぜい可愛がってやるんだな。」
「うわははははは!!」

アーウィン
「ティーファ、俺だ、アーウィンだ。」
「本当に分からないのか?」


ティーファ
「・・・・・。」
「何を訳の分からない事を言っているの!」
「ここが、あなた達の墓場よ!」


COMBAT

ティーファ×1






ティーファ
「うっ・・・、ここは・・・、どこ・・・・?」

ルークス
「ガルネールの呪縛が解けたみたいだ。」


ティーファ
「アーウィン・・・?!」
「なぜ・・・ここに?」



アーウィン
「今は、何も考えない方がいい。」


ティーファ
「・・・・・。」

ルークス
「ティーファをお願いします。」
「僕は、先へ進みます。」


アーウィン
「・・・・・うむ、気を付けてな。」




リムロスの塔最上階



ルークス
「ガルネール、きさま!!」


ガルネール
「ほう、よくぞここまで来たな。」
「先の土産はあまり気に入らなかったようだな。」

ルークス
「・・・・・。」

ガルネール
「まあよい。おぬしはそこでわが魔帝の復活の見学でもしておれ。」




アックス
「わしらをおいて行くとはひどいではないか。」


ガルネール
「レクスファート三騎士のアックス殿と、サラ姫のお出ましか。」

ルークス
「ガルネール・・・、覚悟しろよ・・・。」
「きさまの野望はここまでだ!!」
「きさまだけは・・・きさまだけは・・・ゆるさん!!!」


ガルネール
「それはどうかな?!」




アックス
「ルークス!サラと逃げろ!!」




ルークス
「アックス!!!」












第3章 メニュー 第5章